唐土遍路目次
 前書き
 
生活編    
 100010  唐土の松山  弘法大師の上陸地点
 100020  何が変わった?  生涯鏡中に在り
 100030  八十の手習い  中国東北大学語学入学
 100040  大巧若拙  真に巧みな者は拙きが如し
 100050  偽善者を生きる  偽善者とて往生をとぐ
 100060  瀋陽方丈記  最小のミニコミの世界
 100070  渡り鳥雑感  中国三ヶ月日本一ヶ月の渡り鳥
 100080  異国風情  中国に伊予蜜柑
 100090  蓋州の街で  街の異臭が消えている
 100100  中国恐るべし  幸せの輸出国
 100110  中国の敬老  儒教の伝統は健在
 100120  耐える眼差し  中国の人種差別
 100130  「大中国」  差別の認識すらない差別
 100140  「小日本」  中国に無関心な日本の若者
学校編  
 200010  余生を生きる  くたばった所で静かに・・・
 200020  望郷中国東北路  曇り空 濁り雪 ポプラ並木
 200030  瀋陽生活  日本語教師として
 200040  年の功   老いた馬は滑る
 200050  若者の夢   時の流れに身を任せ
 200060  二十一世紀の若者   スパルタ教育の中で
 200070  書くということ  誰かが読んでくれるのを信じて
趣味編    
 300010  見果てぬ夢  傘寿の夢
 300020  夢に夢中   世界一周の夢は捨てきれない
 300030  中国囲碁事情  子供の囲碁ブームが凄い
 300040  縁の楽器  尺八で交流
 300050  瀋陽駄句日記  白菜の枕を並べニーハオマ
 300060  一句成仏  明日の感性を信じて
 300070  駄句千句   東京オリンピックまでが目標
歴史編    
 400010  恩讐を越えて  庶民の香りがする歴史記念館
 400020  泣き虫人生   二千体の凍った遺体
 400030  戦争よ去れ  6才の坊やとお喋り
 400040  面従腹背  漢奸は硬骨漢だった
 400050  撫順万人坑  風説で作られた数字
 400060  遼源鉱人墓  ここにも不可解な数字がある
政治編     
 500010  公害  冬の瀋陽には空が無い
 500020  好事門を出ず  ソーラン節を歌ってくれた
 500030  忠ならんと欲すれど  忠義と友好が矛盾しないことを
 500040  歴史の流れ  格差と覇権
 500050  小さくなれ  蝗と流言飛語
 500060  マンモスの牙   牙で滅びる者
 500070  一帯一路  現代版シルクロード
 500080  恣意と人治  汚職の根源
 500090  ソクラテスの悩み  いまや肥満児となった悩み
 500100  街の哲学教授   静かに話せば何でも話せる
雑感編     
600010  後悔  胸の痛みは小さいほど痛い
 600020  諸行無常  命余って金足らず
 600030  和気致祥  中国人の声は大きい
 600040  直線と社会  直線の精度は社会の習熟の精度
 600050  人生春夏秋冬  恵まれた錦秋を過ぎて
 600060  仙人の悩み  仙人は百二十才まで生きる
 600070  命とコンピュータ  人は何処から来て何処へ去る
 600080  和製漢語 「 社会」も「主義」も外来語